大人が大切にしたい信念を、どうやって子どもに伝えていくか?子どもの気持ちはどうやって尊重していくか?

 

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

命の重さ、命の大切さを、

心から実感するような出来事に

直面した経験のある方ほど、

他者に対しても命を大切にしてほしいと

強く願うかもしれません。

 

命の重さに直面する経験というのは、

とても大きな感情が伴うと思うので、

その経験が強く心に刻まれるのは

もっともなことだろうと思うし、

そこから生まれた強い信念は

とても大切だろうと思います。

 

そもそも、

ひとつひとつ、

どの命も尊いものに違いないのだから。

 

一方で、

命の重さを心底実感することがまだ少ない子どもが、

親や周りの大人達に、

その思いを強く押し付けられているように感じて

辛さが発生してしまう場合があります。

 

例えば、

「〇〇の分も精一杯生きなきゃだめよ。」

「〇〇の分も頑張ってね。」

というようなことを、

小さい頃から言われ続けている子どもさんがいたとして、

その場合は、

この子だけが感じている辛さがあるのもまた事実。

 

○○の分とは、

例えば兄弟姉妹を亡くしている場合や

臓器提供を受けている場合などもあるかもしれません。

 

またはもっと広く、

病気や事故、災害、貧困などで

生きたくても生きられなかった方達全般を対象として、

「そういう人達の分も」ということもあるかもしれません。

  

亡くなった方でなくても、

やりたいことが出来ない方が対象になっていたり、

不妊治療で辛い思いをして

命の奇跡を強く感じているという方もいるかもしれません。

 

 

親の強い思いとは裏腹に、

子どもさんによっては、

他者の命をも背負わされてしまうように感じる重圧。

周りの思いや愛情を裏切らないようにそれらを背負う重さ。

言われるたびに感じる胸がざわざわするような違和感。

でも、

決して間違ったことは言われていないのだから、

自分を大事にする努力しなければいけない、

辛いなんて思ってはいけないと

自分の中に湧いている思いを否定する苦しさ。

その辛い気持ちを人には言えずに

抱えながら頑張る苦しさ。

そのような辛さや苦しさと共に生きている子どもさんもいます。

 

 

大人にはそんなつもりがないとしても、

子ども側がそう捉えて辛くなっている場合があって、

本当に伝えたいことが伝わっていない。

思いがすれ違ってしまっています。

 

 

大事な命、大事な存在、

それらをどう伝えていくのか、

そして、

その都度子どもがどう感じているかを

聴く耳を持てるかどうか、

それらが大切なのだろうとつくづく感じます。

 

 

大人が大切だと思うこと、

良かれと思うことを伝えているのに、

どもが辛い思いをしていたら切ないです。

 

子どもの辛さに気づかないまま、

どんどん心にたまってしまって、

そのうち心のゆとりが失われて、

結果的に、

子ども自身が自分を大切に出来なくなってしまったら、

本末転倒です。

 

 

これは命の話だけではなくて、

普段の日常生活の中でも、

押し付けられているように感じる、

尊重されてないように感じるという辛さを

訴えるお子さんは少なくありません。

 

 

親が大事にしたい信念を伝えるときの伝え方や、

その都度子どもの気持ちも聴こうとすること、

命を尊重するのと同じように

子どもの気持ちも尊重しようとすること、

それらを大事に考えていきたいなと思います。

 

 

その一方で、

子どもが小さいころは

ある程度のコントロールも必要だろうし、

親が教えること、躾けること、

子どもに学んでもらうこと、

そういう大事なこともいっぱいあると思います。

 

子どもの成長に沿いながら

尊重とのバランスをとっていくのは

誰にとっても難しいことなのだと思います。

 

気づいたことがあったら

その都度、考えたり修正したり、

他者の意見も聴いてみたり、

思考錯誤しながら進んで行くのだろうと思います。

 

親だって大人だってひとりの人間なのだから

完璧なんて無理なわけで。

親も子どもと一緒に成長しながら

親になっていくのだから。

 

  

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

心と身体のケアを大切にし、

心身のバランスを整え、

自ら輝く力と、人も自分も大切にする力を。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ご予約・空き状況について

https://coubic.com/hohoemi-room/650927/express

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。 

 

人気ブログランキングに参加しています。

1クリックの応援、いつも感謝しておりますm(__)m

人気ブログランキング

 

カウンセリングルームほほえみ  http://hohoemi-room.org

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。