子育て中のお母さんとカウンセリング

 

心理療法カウンセラーの森口瑞恵です。

ご訪問ありがとうございます。

 

カウンセリングに来られている方の中には、

お子さんを何人も育てながら、

お仕事もしながら、

忙しさ真っ只中という方も

たくさんいらっしゃいます。

 

 

赤ちゃんがいる方、

受験生を抱えている方、

思春期のお子さんが何人もいる方、

幼児を何人も育てている方、

保育園から高校生までの子ども達がいる方

などなど・・いろいろです。

 

 

子育て中は、

自分のペースで動くことが難しい時期です。

どうしても自分のことは後回しになりがち。

我慢も溜まりがち。

イライラしがち。

頑張るしかなくて、

頑張り過ぎてクタクタになりがち。

 

 

そんな毎日の中で、

自分がいっぱいいっぱいになり過ぎないように、

母親である自分自身をケアしてあげようとしていること、

本当に素敵だなと思います。

 

自分のために少しでも出来ることをしていると、

イライラして子どもにあたってしまうことも減りますし、

子どもの話にも、

余裕をもって耳を傾けることができるようにもなります。

 

 

忙しい時だからこそ、

いっぱいいっぱいになりがちな時期だからこそ、

自分をケアすることも

大事にしてほしいと思います。

 

 

カウンセリングだけがケアの方法という訳ではないので、

少しだけ自分に余裕を作ってあげられるような

自分に合う方法を見つけられたらいいなと思います。

 

お母さんの心に少し余裕ができると

笑顔が増えますし、

笑顔のお母さんを見るお子さんは、

幸せに過ごすことができます。

 

お子さんのために自分を犠牲にし過ぎるのではなく、

お子さんのために少し自分を大事にして、

お母さんの笑顔を増やせたらいいなと思います。

 

日々の生活が忙しいと、

とても難しいことだと思います。

それでも、少し意識してみるだけでも、

何かが変わるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。