生きづらさを抱えている子ども達

こんにちは、

訪問心理療法士の森口です。

 

不登校や引きこもってしまう方たちの心の中にあるもの・・

もちろん人それぞれ違いがあると思いますが、

 

例えば、

「自分の人生ってなんだろう?」

「誰のための人生なんだろう?」

そして、生きる目的を模索します。

 

「自分に何かの価値があるのだろうか?」

「生まれてきた意味はあったのだろうか?」

このような自分への問いかけは、

アイデンティティ(存在意義)に深く関わることです。

 

子どものころの体験により、

「自分の存在は家庭や世の中に必要ではない」

という「自己存在の否定」という

前提が出来上がってしまっている可能性があります。

 

自己受容ができずに

自尊心を削ぎ落とされてしまった子どもたちは、

周りの評価の目に怯えて身を隠すことを選びます。

 

最初のアイデンティティを構築するためのひな型を

両親から学べずにいた可能性があります。

 

成長してもなお影響を与え続ける幼いころの経験。

小さな頃にこころの中に刻みこまれたものは、

その後の長い人生に計り知れない影響をもたらします。

 

もし、そんな生きづらさを抱えていたとしても、

どうか諦めないでほしいと思います。

今できることから始めることで、

生きやすさにつなげていくことも可能です。

 

自尊心を高めていくことも可能です。

 

投げやりにならずに、焦らずに、諦めずに

情報収集をしながら、

自分と安心して向き合える場所を探し続けて、

少しずつ自ら輝く力を取戻していけたら・・

そう願います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。