自分の本音を知るって難しい

こんにちは、

訪問心理療法士の森口です。

ご訪問いただきありがとうございます。

 

自分が本当はどうしたいのか・・

自分が本当にワクワクするものって何か・・

本当は嫌だと思っていることって何か・・

あの時自分はどんな気持ちでいたのか・・

今はどんな気持ちでいるのか・・

 

それらの気持ちに伴って

自分の身体にはどんな感覚が発生しているのか・・

 

考えてみても、

自分の本当の気持ちがよくわからないという人もいるかもしれません。

 

自分の感情や感覚について、

あんまり考えたことないとか、

それを知ってどうなるの?とか、

それぞれに思うこともあるでしょう。

 

人は日々、様々な出来事を経験をして、

その都度、感情が発生し、

感情と一緒に身体にも何らかの感覚が

発生しています。

 

たくさんの出来事と、

それに伴う感情と感覚を、

たくさん経験して積み重ねて

生きています。

 

 

ということは、

感情と感覚って生きていくうえで

当たり前にあるものなので、

無視したり、ないがしろにしていると、

自分が辛くなっていくのだと思います。

 

 

辛さや苦しさを軽減するためには、

当たり前にある感情と感覚を

大切に扱ってあげることが必要で、

大切に扱うためには、

ちゃんと自分の気持ちを

知ってあげることが必要になります。

 

 

様々な出来事によって発生した感情と感覚が、

誰にも言えず、誰にもわかってもらえず、

行き場がなくて自分の中奥深くに沈めるしかなかった人と、

その都度、外に出して消化出来ている人と、

その後の人生は大きく変わってきます。

 

 

出来事自体は無くならないし、

記憶も消えないです。

 

でも、

それに伴って発生した感情と感覚は

抱えやすくすることが可能です。

 

 

辛さや苦しさ、怒りや悲しみが

少しでも小さくなったら、

傷ついた出来事が、

自分の中で少しでも過ぎたことになっていったら、

その出来事への捉え方も変化するかもしれません。

今までよりは楽に生きられるようになるかもしれません。

 

 

本当の自分の気持ちを知ってあげることは

勇気が必要でもあります。

認めたくない気持ちもあるでしょう。

 

簡単に認めれらる感情もあれば、

絶対に認めたくない気持ちもありますから。

誰にもそれはあると思います。

葛藤があるし、自分自身の中で反発も起こります。

 

自分の本音を分かってあげるって難しい。

 

でも、

それが出来るようになっていくと楽になるし、

自己受容も深まって

自分らしく生きる道も開けます。

 

自分を誇らしく思えたり、

自分を好きになれたり、

自分に自信を持てるようになったりと、

ついてくるものもたくさんあります。

 

 

自分の本当の気持ちを知ること、

それを認めてあげること、

それを受容していくことは、

これからの人生を生きていくうえでの

大きなスキルになります。

 

自分のことを観察して

わかってあげようとする意識を持って

もらえたらいいなと思います。

 

自分の感情や感覚を

大切に扱ってみたいと思う方は、

カウンセリングを体験してみてください。

 

 

●体験カウンセリングのご予約は下記からお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ご予約・空き状況のご確認はこちら

●お問合せは下記のフォームからお気軽にどうぞ!

3日以内に返信致します。gmail.comからの受信設定をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。