自分を責めてしまう習慣は変えられます

 

こんにちは。

いつもご訪問ありがとうございます。

カウンセリングルームほほえみ

心理療法カウンセラー・訪問心理療法士の
森口瑞恵です。

 

生きづらさを感じていたり

心が窮屈で苦しく感じていたり

心身に症状が出てしまって辛いと感じていたり・・

 

 

それらの辛さを抱えている多くの方が

自分で自分を責めるという

自責の念に苦しめられています。

 

 

自分が自分を責めることは

とてもエネルギーを消耗します。

 

 

気持ちのエネルギーがどんどん

低下してしまうので

辛くなるのは当然なのです。

 

 

そして、

自分が自分を責めていると、

他人も自分を責めているような気がして

より一層苦しくなります。

 

 

過去の経験により

自分の中に根付いている考え方

習慣付いている捉え方

それらが大きく影響していますが、

いくらでも変えていくことが可能です。

 

 

今まで自分が信じて持ってきた考え方を

変化させることは

今までの自分を否定するような気がして

それも辛いと感じることがあるかもしれません。

 

 

でも、今までは、

今まで信じてきたことと

持っている知識の中で

良かれと思うその時の最善の策を選択をし、

精一杯生きてきたのです。

 

 

うまくいかないことがあったとしても

精一杯生きてきたことは確かです。

 

その自分を称え、認めてあげたうえで、

生きづらかった部分があるとしたら

これからの自分のために

考え方を選び直すことが

今の自分を大切に扱うことになるのだと思います。

 

 

生き方も考え方も

そのときそのときで

自分が取り入れたいと思うものを

いつでも選び直せるものだと思うのです。

 

 

どうもうまくいかないとか、

いつも同じパターンになってしまうとか、

自分を責めることが多くて辛い方は

今、選び直すチャンスなのかもしれません。

 

 

これからの自分の人生を

より豊かにしてあげるために。

 

 

自分を責めるも責めないも、

自分を褒めるも褒めないも、

自分が自由に選んで良いこと。

 

 

誰の許可もいらないし、

自分が自分に許可を出してあげて良いこと。

「なんだ、自分で選んでいいことなのかー」

「そんな考え方もあるのかー」 と、

一回受け取ってみるのも一つの方法です。

 

 

 

過去の後悔や未来の不安に心をしばられてしまっているあなたが、
今を楽しく生きていくため

 

自分のことを責めてしまうあなたが、
自分を好きになり楽しく生きるため

 

何のために生きているのかわからないと感じているあなたが、
自分の人生を自分のものとして生きている実感を持つため

 

自己肯定できないと感じているあなたが、
今までより自分を好きになり楽しく生きるため

 

人にどう思われているか怖いと感じるあなたが、
人間関係のしんどさから解放され自分らしく生きるため

 

居場所がないと感じているあなたが
安心して幸せを感じられるようになるため

 

人との関わりに悩み、疲れてしまうあなたが、
生きづらさから解放されて喜びを感じられるため

 

「世界で唯一の大切なあなたの人生」を、

自分のものとして生きられるよう、

笑顔で明日を迎えられるよう、

全力で応援しサポートさせて頂きます。

 

心の手当て講座・カウンセリングについての
ご予約・お問い合わせは下記までお願いいたします。

↓ ↓ ↓

〒394-0083
長野県岡谷市長地柴宮1丁目2-26
カウンセリングルームほほえみ

黄色い花 ほほえみアクセス黄色い花

黄色い花 ご予約フォーム 黄色い花

電話(0266)75-1012 or (090)2335-1038
カウンセリング中はお電話に対応できませんので、
携帯にメッセージを残して頂ければ
こちらからご連絡させていただきます。


手紙hohoemi.room@gmail.com
※携帯アドレスからお問合せいただく方へ

こちらからのメールが届かないことがありますので、
受信設定の確認をお願いします。
3日以内に返信をしております。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。