自分の気持ちは自分のもの。大事なもの。

 

こんばんは、

心理療法カウンセラーの森口です。

いつもありがとうございます。

 

例えば、

何かのきっかけで辛い気持ちが湧いたときに、

「こんなのたいしたことじゃない」

「このくらい皆我慢してること」

「こんなことで…」

「昔のことなのに…」

「忘れなきゃ」

「いつまでもこだわっている自分がおかしいのかも」

 

これらのような考えが浮かぶとしたら、

その考えが浮かぶこと自体、

その辛さは充分に「たいしたこと」であり、

「必要のない辛い我慢」であり、

過ぎたことになっていないような

「大きな傷が自分の中にある」ということの証明みたいなもの。

 

自分以外の人にとってではなく、

自分にとってどうなのかが大事なことで、

自分がどう感じるかが全て。

 

だから、誰が何と言おうと

辛いと感じる気持ちは「たいしたこと」なのです。

自分にとっては大きなこと。

 

自分の中では「辛いことなのだ」と

認めてあげたい。

実際にある自分の辛い気持ちを自分が分かってあげたい。

 

 

「こんなこと」と誰かの目線で決めてしまわずに、

手当てすることを考えてみてほしいなと思います。

 

唯一無二の存在で、

大切に扱っていいはずの自分が、

苦しんでいる。

早く手当てしてあげよう。

 

 

 

 

●体験カウンセリングのご予約は下記からお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ご予約・空き状況のご確認はこちら

 

●お問合せは下記のフォームからお気軽にどうぞ。

3日以内に返信致します。gmail.comからの受信設定をご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。