大事に扱ってもらう自分になるために

こんばんは、

心理療法カウンセラーの森口です。

いつもありがとうございます。

 

やってみたいことや興味があることを、

大きなことから小さな日常のことまで

いっぱい書き連ねてみます。

 

まだやってないことも

自分がやりたいと思うことは

考えているだけで楽しくなってきます。

 

いつまで人生が続くかなんて

誰にもわからないのだから、

やりたいと思うことはなるべく早くやろう!

自分を喜ばせることってエネルギーの充電にもなりますし。

 

自分の人生は自分で決める。

自分を後回しにしないで、自分の気持ちを尊重してみよう!

 

自分の気持ちを尊重することに対して、

「それってわがままじゃないの?」とか

「それって自分勝手だよ」とか

「それって自己中で良くないことじゃん」とか

「そんなことしたら罪悪感がわく」とか

「そんなことしたら後悔して自分を責めてしまう」とか

「自分を犠牲にしても人を優先することが素晴らしい」とか

 

そういう考えがあって自分に許可できないという方もいるかもしれません。

 

その考えを信念として大事に持っていたい方や、

人を優先することをやりたくてやっているという方は、

無理して自分を優先しなくても今までのまま、そのままで良いと思います。

 

それとは逆に、

その考えにより、自分に我慢を強いてしまって負の感情を感じる方や

自由にしている人に対して怒りが湧くという方は、

カウンセリングを試してみてほしいなと思います。

 

それから、

自分を喜ばせようと思っても、

もし何か気になることや

引っかかっていることが頭のどこかにある場合は、

見ないふりをしないで、

先延ばしにしないで、

向き合う勇気を出してみよう。

 

そして、

なるべく早めに片づけて、

自分のことをご機嫌にさせてあげよう!

 

引っかかっていることを片づけるために

出来ることを知って欲しいなと思います。

 

いつも頭のどこかに引っかかっていることを、

その存在を無いこととして扱うのは

自分自身を無視しているのと同じなのだから。

 

自分で自分を無視して大事に扱えていないときに、

人から大事に扱われた感覚を得るというのは

なかなか難しいのです。

 

まずは自分が自分を大事に扱うことから

始められたらいいなと思います。

 

 

周りの人からあんまり大切に扱われていない気がするという方、

自分で自分を大事に扱うってよくわからないという方は、

体験カウンセリングにいらしてみませんか?

カウンセリングのご予約はこちらから

 

 

お問合せは下記からどうぞ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。