現実を変えるためにできること

こんばんは、

訪問心理療法士の森口です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

 

今の現実を変えるためにできることは、

自分の内面に目を向け、

意識を変えていくこと。

それが早道。

 

 

例えば、

子どもが学校に行けないとき、

親も苦しいし、不安です。

笑顔になんてとてもなれないような状態。

 

子どもが学校に行ってさえくれれば、

笑顔になれる。

そう思う親御さんも多いかもしれません。

 

それは、

現実が変われば、自分の中も変わる。という順番。

 

 

でも実際解決に向かう時の多くは、

親御さんが自分自身で、

心に余裕をつくることに専念し、

穏やかな気持ちを作れるようになると、

笑顔が増えて、家の中の空気が変わり、

子どものエネルギーもたまり始め、

学校に行けるようになる。

という順番がほとんどです。

 

 

親御さんが自分の内面に意識を向け、

自分の中に変化が起きると、

現実が変わっていくことが多いです。

 

 

物事がうまくいかないとき、

辛い気もちになるような出来事ばかり起きるとき、

自分の内面に意識を向けることって大事なのだと思います。

 

 

自分で自分のことを大切に扱うことが習慣になると、

誰かに蔑ろにされていると感じる場面も減っていく。

 

 

自分が自分を否定することが減ると、

誰かの言葉で「自分が否定されているように感じる」ことが

減っていく。

 

 

人が褒められているのを見ると、

自分がダメ出しされているような気がして悲しくなったり、

褒められている人に嫌な気持ちが湧く自分を嫌悪したり、

嫉妬するような気持ちが湧く自分を責めたりするときは、

普段から自分が自分にダメ出ししていることが多い。

 

普段自分を責めたり、ダメ出ししていることが多いと、

誰かの言葉で「責められているような気がする」ということが増える。

 

自分を大切に扱うことができないとき、

大切にしてもらえないと感じることが多く起こる。

 

自分で自分をどう扱うかに目を向けることから

始まる。

 

 

自分で自分を否定する習慣は、

子どもの頃の環境によって

身についてしまっていることが多いです。

 

その習慣、変えることができます。

 

 

 

●体験カウンセリングのご予約は下記からお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

カウンセリングのご予約・空き状況のご確認はこちら

夜間電話カウンセリング専用予約フォームはこちら

 

●お問合せは下記のフォームからお願いします。

3日以内に返信致しますので、gmail.comからの受信設定をご確認ください。

 

 


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。