小さなお子さんがいる方へ☆夜間の電話カウンセリング開始します

こんばんは、

訪問心理療法士の森口です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

この度、

小さなお子さんがいらっしゃる方向けの

夜間の電話カウンセリングを

開始することになりました。

 

今までは個別にお問合せくださった方のみ

対応させていただいておりましたが、

お問合せが増えて参りましたので、

正式に予約可能枠として受付けを始めたいと思います。

 

昼間お子さんを預けることができずに

カウンセリングを諦めていたという方は、

是非ご利用ください。

 

小さなお子さんがいて

なかなか一人の時間がとれない方もいますし、

慣れない子育てや

忙しく追われる生活の中で、

ひとりで頑張りすぎてしまうお母さんも

たくさんいます。

 

 

お母さんがいっぱいいっぱいになると

子どもさんも敏感に察知して

余計に手がかかったりすることもあります。

そして、お母さんも更ににいっぱいいっぱいになるという

悪循環が生まれます。

 

ひとりで背負ってしまい、

孤独感を強く感じて

子育てが楽しくないという方もいます。

 

 

子どもがかわいいと思えない瞬間があったり、

うっとうしいと思ったり、

ひとりになりたいと思ったり、

いなくなればいいのに・・と思ったり、

逃げ出したくなったり、

イライラして子どもにあたってしまったり。

 

そして、そんな自分に

自責感、罪悪感、自己嫌悪を感じたり。

 

 

 

また、

お子さんが生まれたことで、

お母さん自身が自分の親との関係で何か気づくことが出てきたり、

モヤモヤ、ざわざわと気持ちが波立ったり、

嫌な気持ちが湧いてくるという方もいます。

 

 

親に対して複雑な思いを感じている方は、

その思いが子育てに少なからず影響しますので、

お子さんのためにも、ご自身のためにも、

一度向き合ってみることをおすすめしております。

 

その複雑な思いを無かったことにしようとしたり、

無視したりを続けていると、

自分自身が苦しくなっていってしまいます。

 

 

いっぱいいっぱいなときや

イライラすることが多いときに一番大事なのは

自分の心に余裕を作ってあげることですが、

頭ではわかっていても

それがとても難しいものです。

 

余裕を作るためにできることの選択肢はいくつもありますが、

その中のひとつに、

ひとりで抱えている本当の気持ちを語ることがあります。

どんな気持ちも自分にとって

とても大事なものです。

どんな気持ちがあっても大丈夫です。

 

言ってどうなるの?と思う方もいるかもしれません。

でも、

自分の中から外に出すって、感情を消化するためにはとても大事なこと。

 

 

例えば、

誰かに聞いてもらったり、

誰かが自分のことのように一緒に怒ってくれたことで、

気持ちが楽になったというようなことは、

多くの方が経験しているのでは?と思います。

 

 

出来事自体は何も変わらないけれど、

それに伴う感情が消化できて

少しずつ過ぎたことになっていくということだと思います。

過ぎたことになっていけば精神的に楽に感じます。

 

自分の中に消化できないまま持ち続けるのって

とても苦しいです。

何年経っても今のことのように感情が湧く。

無意識に知らないうちに頭の中でぐるぐる考えていると、

それは何度も追体験することになり、

トラウマ化します。

 

無かったことにしようとしても、

無視しても、

それが自分にとって大きなことだと、

ずーっと在り続けます。

 

持ち続けることが悪いということではありません。

自分が辛いと感じたり、

抱えているのが大変だと思うのであれば、

消化するためにできることをやってみるのもありということです。

自分がどうしたいかで選んでいけたらいいなと思います。

 

語ったからといって記憶は消えないし、

起こった出来事が無かったことになる訳ではないけれど、

感情を外に出すことと、自己受容を深めていくことなど、

心に余裕を作るために出来ることを積み重ねていくことで、

抱えやすいものにできます。

 

 

感情が自分にとって抱えられるくらいの形になれば、

今までの感覚とは随分変わると思います。

 

辛い気持ちや怒りの感情に

心のエネルギーを奪われることが減ります。

エネルギーが奪われなくなれば、

自分に余裕が出来てきます。

 

 

 

誰でもいっぱいいっぱいのときは

視野も狭くなり、

自分の持っているはずの能力も発揮できなくなり、

怒りも湧きやすくなるので、

自分だけで抜け出すのが難しい。

 

そんな時は

余裕を作るためにできることを知って、

出来そうなことから始めていきましょう。

 

 

自分の心の中にある本当の気持ちと

向き合ってみようと思う方は、

お子さんが眠ってからの少しの時間

お話してみませんか?

 

 

 

開始時間は21時から22時頃を目安に

普段お子さんの寝る時間に合わせて決めていきます。

 

初回のみ体験料金適用で半額です。

60分   3000円

90分   4000円

120分  5000円

 

2回目以降継続をご希望の方は

30分   3000円(夜間の電話カウンセリング限定料金プラン)

60分   6000円

90分   8000円

120分  10000円

(カウンセリング前日までにお振込みをお願いします)

 

夜間の電話カウンセリングご予約フォームはこちら

 

 

お時間など、可能な範囲で対応させていただきますので、

まずはお問合せくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。