性暴力被害にあったとき

 

こんばんは、

カウンセリングルームほほえみの森口瑞恵です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

心と身体のケアを大切にし、

心身のバランスを整え、

自ら輝く力と、自分らしく生きる力を。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

もし、万が一、自分や身近な人が

性暴力被害にあったとき。

 
被害に遭った際にどうしたらいいのか?について、
性暴力を許さない女の会」が作成した動画です。
 
  
  
①どこの警察に行けばいい?
②アフターピルについて
 
 
 
 
長野県の性被害ワンストップセンター
  
 
 
 
各都道府県にワンストップセンターが
置かれているとのこと。
 
 
もし自分や身近な人が
被害にあってしまったら、
その後の身体のケアと心のケアは
両方重要です。
  
  
  
自分のこれからのために、
身近な人の深い傷を少しでも癒すために、
ひとりひとりにできることを知ろう。
  
  
身体と心に残った深い傷と
トラウマを少しずつ手当てしていけたら、
いつか生きようとする力を
取戻せるかもしれない。
  
  
最初に助けを求めた支援の場所が、
もし自分に合わないと感じても、
どうかあきらめずに、
探し続けてほしいと願います。
  
  
知人や恋人、身内など、
身近にある関係の中で起きる
性暴力も少なくありません。
  
  
他人事ではなく、
身近に誰にでも起こり得ることとして、
多くの方に真剣に考えてみてもらえたら・・
と思います。  
  
  
  
※関連記事
  
性被害について  
 
  
    

   

   

    

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 心理カウンセリングへ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。