映画「キャッツ」

 

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口です。

御覧いただきありがとうございます。

 

 

先月から映画「キャッツ」が公開されています。

元々舞台のキャッツが大好きなので、

映画も是非に・・と思い

観に行きました。

酷評されているという噂もちらほら・・

私的には舞台を観た時の感動も蘇って

良い時間でした。

 

猫達が主役の話だけれど、

人間も同じ。

 

孤独感や疎外感を感じるときの辛さ、

生まれてきた意味を問いたくなる気持ち、

安心できる居場所を求める気持ち、

過去の栄光と現在とのギャップを感じるときの気持ち、

出来なくなることが増えていくときの気持ち、

愛されたいと願う気持ち、

やり直したいと願うときの気持ち、

認められたいと願う気持ち、

応援してもらえるときの気持ち、

未来に光が見えたと感じたときの気持ち、

満たされた感覚、

などなど・・

 

たくさんの猫たちが登場するので、

それぞれの気持ちを想像したり、

勝手に想いを巡らせることでも感動します。

 

今までの経験で多くの人が知っている気持ちもあるだろうし、

これから経験する気持ちもあるかもしれない。

 

音楽、歌、ダンスももちろん素敵で、

猫の動きもすごい。

映画はヴィクトリアがとにかくかわいい♡

 

映画もさることながら、

舞台はホント圧巻です。

 

何に注目して観るかで感じ方も違うからおもしろい。

またいつか舞台を観に行こうと思ったのでした。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。