心の力を抜いてゆとりをつくる☆八丈島の旅

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの

森口瑞恵です。

先日、初めて八丈島に行って来ました。

行きは東京から10時間かけての船旅。

11月に入っても八丈島の昼間はまだまだ暖かく、

どのまでも続く青い海

心地よい空気感

ゆっくり時間が流れていくような穏やかな感覚

五感で感じるものが日常と違って

力が抜けていくのを感じました。

島ってステキ♡

島の名物もいただいてお腹も満たし

太平洋を眺めながら足湯でほっこりし

黒砂砂丘からの絶景に感激し、

地球は丸いのだと目で見て確認。

森を散策しながら滝を眺め、

古民家カフェで穏やかな時間を過ごし、

海辺で水平線に沈む夕日を眺めながら

黄昏る~

夜は温泉に入りながら、星空を見上げ

あ~幸せ♡

何をしててもいい感じ。

ホント島って素晴らしい♡

このままでは帰りたくなくなってしまう と

ピンチを感じたのでした 笑

帰りは飛行機であっという間に羽田に到着し

現実に戻った感^^;

二日間島を堪能し

すっかり心がほぐれて、

エネルギーが充電され、

何だか思ってた以上にゆとりができた。

自分をご機嫌にするって素晴らしい。

心に余裕があると

人にも自分にも優しくなれちゃうのです。

人も自分も大事に出来るってステキなことです。

自分を不機嫌にしながら

自然に人に優しくなるって難しいのだ。

自分に余裕がないのに

「人には優しく接するべきだ」と、

義務的に頑張って優しくしていると、

どんどん怒りが湧きやすくなってしまう。

どんどん疲れて辛くなってしまう。

日常生活の中での些細なことから

自分をご機嫌できることを見つけて

始めてみよう!

小さな幸せをたくさん

自分に感じさせてあげよう!

そして

たま~に大きなことで

思いっきり自分を喜ばせてあげるのもいい。

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。