「命の残りはあと少しです。」と言われたら

こんばんは、

心理療法カウンセラーの森口です。

 

先日、塩尻の映画館「東座」さんでおこなわれた

「「命の残りはあと少しです」と言われたら」というタイトルの

講演会に行きました。

 

 

その後、映画「ロングロングバケーション」の上映

 

本当に行って良かったです。

 

 

講演会は緩和ケア専門の先生だったので、

実例も交えて具体的なお話が聴けました。

 

 

予定外の理不尽にも思える出来事が

誰にでも起きる可能性がある。

 

そんな時に

どう捉えて

どう生きていくかは

自分でしか決められない。

 

どう生きるか。

どう死ぬか。

どう捉えるか。

どう考えるか。

 

ちゃんと自分で選んで決めて生きたい。

 

自分の人生について真剣に考えるきっかけにもなったし、

今まで以上に自分を大事にすることもできる気がします。

 

現在の緩和ケアについても知れて良かったです。

 

 

映画もステキでした。

いろいろな思いが溢れました。

おすすめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。