メディカルアロマ☆心身のケアに役立つ精油の持つ薬理効果

 

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口瑞恵です。

ご覧いただきありがとうございます。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

心と身体のケアを大切にし、

心身のバランスを整え、

自ら輝く力と、自分らしく生きる力を。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

 

 

日常生活の中にお香やアロマなどの香りを取り入れて

楽しんでいる方もいらっしゃると思います。

私もその中の一人です。

その日の気分や自分の状態に合わせた香りは、

心地好くて幸せ。

 

日本では、

香りを楽しむ雑貨として扱われているアロマですが、

フランスなどでは

古くから代替医療として

メディカルアロマセラピーが取り入れられています。

 

植物・ハーブに含まれる様々な成分。

それらから抽出された精油やハーブそのものを用いて、

アロマやハーブティーとして心身のケアに利用されています。

 

  

日本でも看護や介護の現場などで、

メディカルアロマへの認識が少しずつ高まってきています。

物忘れの改善が見られた事例なども

テレビで放送されました。

 

私自身、
 
心にも体にもアプローチできる精油に以前から興味があり、
 
しっかり学びたいと思っていたのですが、
 
ようやくその機会が訪れ、
 
この度、メディカルアロマインストラクターの資格を取得いたしました。
  
  
 
心身の状態に応じてのセルフケア方法など、
 
精油の薬理作用に注目した視点での情報提供が可能になりました。
  
  
  

これから高齢化社会が進む中で、

より一層のセルフメディケーションが

重要になるのだと思います。

 

ひとりひとりが自分のためにできることを試しながら、

心身の健康維持のために、

自分に合う方法を見つけていけたらいいなと思います。

 

メディカルアロマもカウンセリングも、

一つの方法として捉えていただけたら嬉しいです。

 

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

  
ーーアロマセラピーとは?ーー

リラクゼーションや香りを楽しむことを目的に、

ディフューザーで焚いたり、

エアーフレッシュナーやアロマバスにしたりと

広く一般的に用いられています。

使用上の注意さえ守れば、

誰でも安全に楽しむことが出来ます。
  

  
ーーメディカルアロマセラピーとは?ーー

精油が持つ薬理効果を、

皮膚疾患、伝染症疾患、

神経性疾患の治療に役立てたり、

自然治癒力を高め

心身を健全な状態へと導く目的で用いられます。


精油学、基礎医学、心理学などの

専門知識を身につけた人のみが扱えます。

  

ーー日本統合医学協会HPよりーー

  
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

 

今後はカウンセリングルームほほえみでも、
  
セルフメディケーション推進を願い、
  
メディカルアロマ、メディカルハーブも
  
取り入れていけたらいいなと思っています。
    
  
    
  
薬よりもまず体に優しい自然のものを試したい方、
  
アロマやハーブを日常に取り入れてみたい方は、
  
遠慮なくお問い合わせください。
  
  
    
  
自然の植物が持つ成分を、
 
心身の健康にも役立てられることを、
 
たくさんの人に知ってほしいと思っています。
  
  
  
ご希望の方には
  
カウンセリングの中でも
  
家でできるセルフケアのひとつとして、
  
現在の状態に合うものについてなど、
  
情報をお伝えしていきたいと思っていますので、
   
参考にしていただければ幸いです。
  
  
  
  
  
  
 
 
  
  
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。