DV・性的虐待・暴力のある環境

 

こんにちは、

心の手当て講座もおこなっています森口です。

 

先日、全国シェルターシンポジウム2017in東京が開催され、

私も参加しました。

 

当事者こそ支援者

その言葉がとても印象に残りました。

 

壮絶な体験をし、DIDの診断を受け、

その後、苦しい回復の道を歩み、今幸せを実感している方の

基調講演がありました。

 

人の生きのびようとする力

偉大であり本当にすごいと思います。

 

ニュースでも取り上げられたとのことです。

↓ ↓ ↓

全国シェルターシンポジウム2017in東京①

全国シェルターシンポジウム2017in東京②

 

回復への道のりが過酷であることは確かです。

でも、その後にどんな人生が待っているかを

ご自身の経験から教えてもらいました。

当事者側から見た支援側に必要な知識についてもお話がありました。

 

心の深いところに残るお話を聴くことができて

オルガさんの存在に感謝が湧きました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。