すれ違う思い・届かない思い☆大切な人間関係を失わないために試してみたいこと

 

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

パートナー、友人、仲間、家族など、

自分が関わっている周りの人たちと、

どのような関係を築いているだろう?

 

自分の価値観や信念に基づき、

自分が正しいと思うことや、

相手のためになるであろうこと、

自分の思う愛情、

それらを相手に向けて表明したり、

そそごうとしたり、与えようとしたり・・

 

大切な存在だからこそ、

良かれと思ってやったり言ったりしていることが

誰にでもあるのかもしれません。

 

でもそれが、

相手にとっては欲しい愛情とは違っていたり、

「そんなことより、こうして欲しいのに」があったり、

喜ぶどころか悲しまれていたりと

すれ違ってしまうことがあります。

 

良かれと思って、

正しいことだと信じてやっていることが、

相手には伝わらなくて、

愛情として受け取ってもらえなくて、

信じてもらえなくなったり、

尊敬されなくなってしまったり、

認めてもらえなかったり・・、

 

自分なりに頑張っているのに

なんだか満たされなくて。

 

うまくいかないモヤモヤを

感じてしまうときがあるかもしれません。

その気持ちが続いていくと、

徐々に心がいっぱいいっぱいになっていきます。

 

そして、何を頑張っていたのだろう?と

虚しさが襲ってきたり、

馬鹿みたいだ、もういいやと、

投げやりな気持ちが湧いたり、

報われなかった頑張りが

悲しみとなり、虚しさとなり、

諦めとなり・・

大切だったはずの人間関係が

どんどん遠い存在になってしまうことがあります。

 

大事にしたい関係だったのに、

伝わらない、わかってもらえない、聴いてもらえない。

そうなってしまったら

辛いです。

 

でも、そういうときは、

相手側も同じように思っていることが多いです。

尊重されない悲しみがあり、

欲しい愛情がもらえず、

正しさや良かれを押し付けられているようで辛い。

わかってもらえない。

大切にされている実感が持てない。

 

自分の欲しい愛情でないと、

それが愛情だと気付かない時もあって、

気づかなければ受け取れないし、

お互い辛いです。

 

そして、それが相互で起きていたりもします。

尊重されない辛さを感じている側もまた、

自分の良かれを相手に向けていたりするので。

 

大切に思っていたはずなのに、

どちらもそれぞれの正しさや良かれを相手に向け、

どちらも尊重されない悲しみを感じ、

それが続くと疲弊してしまいます。

 

求めているものと、

与えられるものが違い過ぎる。

 

自分の思っている愛情と

相手の思っている愛情が違う。

求められているものと

与えようとしているものが違う。

両者とも。

 

人間関係を大切にするってどういうことなのだろう?

自分の良かれを優先することか、

相手がどう思っているかを尊重することか。

どちらかに偏り過ぎないようにすることか。

 

自分も相手も両者を大切に、

バランスのとれた関係を築くって

なかなかの努力が必要で

妥協も必要で難しい。

 

 

コントロールしようとしない。

押し付けない。

尊重を大事にする。

でも自分を殺し過ぎない。

矛盾するもののバランスをとるのは

難しいです。

 

自分も相手も大事にするということは、

価値観の違う人間同士なので、

矛盾するような考えがあって当たり前。

 

どちらかの我慢で成り立っている関係は

長続きしないのかもしれません。

 

 

自分の良かれと相手の良かれが違っていることに気付いて、

折り合いをつけたり、

歩み寄ったりすることができたら円滑に続く関係も、

お互いの価値観や考え、気持ちを知らないまま、

自分の良かれだけを行動に移していると、

すれ違いはどんどん深くなってしまう。

 

 

それぞれが、

どのような人生観を持っているのか、

どのような恋愛観を持っているのか、

どのような価値観や考えを大事にしているのか、

どうしたいと望んでいるのか、

どんな気持ちでいるのか、

相手の内面をたくさん知ることが、

凄く大事なのだろうと思います。 

 

相手のことを決めつけず、

聴く。

知る。

また聴く。

その繰り返しで、

尊重し合える関係がつくれたら、

お互いが満たされた感覚を味わえるかもしれないし、

長く良好な関係を築けるのかもしれません。  

  

せっかくの気持ちが、

すれ違ったり、届かなかったりするのは

切ないなと思います。

  

関係が変わってしまうことを

回避できる可能性があるとしたら、

その術を知って

実践してみれたらいいなと思います。

  

努力が報われないこともあると思うし、

尊重のある関係であっても、

疎遠になってしまうこともあるかもしれません。

  

それでも、

人を大切にしようとすること、

自分も蔑ろにしないようにすることを忘れずに、

できることを続けていけたらいいなと

思います。

  

頭でわかっていても

そうそううまくはいかないのが人間なので、

ぼちぼちと。

  

 

  

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

心と身体のケアを大切にし、

心身のバランスを整え、

自ら輝く力と、人も自分も大切にする力を。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ご予約・空き状況について

https://coubic.com/hohoemi-room/650927/express

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。 

 

人気ブログランキングに参加しています。

1クリックの応援、いつも感謝しておりますm(__)m

人気ブログランキング

 

カウンセリングルームほほえみ  http://hohoemi-room.org

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。