辛い出来事が自分の力になるとき

こんばんは、

心理療法カウンセラーの森口です。

 

カウンセリングにお越しくださる方の中には、

とても辛い出来事を経験して、

その出来事がカウンセリングを利用する

きっかけになる方も多いです。

 

そして、

カウンセリングを継続するうちに、

経験した辛い出来事に対して、

「気付くきっかけをもらった。」

「自分と向き合うことが出来た。」

「自己成長に繋がった。」

「これからの人生のためになった。」

「自分の力がひとつ増えた。」

そうおっしゃる方が多くいます。

 

 

苦しくて耐え難かったことが

自分の力になったと思えるって

本当にすごいことですし、

人の生きる力の大きさを感じます。

 

 

ひとつの同じ出来事なのに

苦痛でもあり、

自分の力にもなる。

 

 

でも、

苦しさが緩和されなければ

得たものに目を向けるのは難しいです。

 

 

傷ついたときは

心の手当てが先。

 

自分に合う手当ての方法を見つけよう!

 

 

 

 

●体験カウンセリングのご予約は下記からお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

カウンセリングのご予約・空き状況のご確認はこちら

夜間電話カウンセリング専用予約フォームはこちら

 

●お問合せは下記のフォームからお願いします。

3日以内に返信致しますので、gmail.comからの受信設定をご確認ください。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。