新型コロナウイルスの影響

 

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口瑞恵です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

新型コロナウィルスの感染が拡大する中、

デマ情報や不確かな噂も出回り、

不安や恐怖を必要以上に感じてしまう方も

少なくないかもしれません。

 


特に、

トラウマなど心の傷が癒えていないと、

出来事に見合わないくらいの大きな恐怖や不安、

心配、危機感を感じて苦しくなってしまうこともあります。

 


更に、

必要な対策とはいえ

イベントの自粛や学校のお休みなど、

日常の中で我慢することが増えて

ストレスも溜まりやすい状況が続きそうです。

 


こういう時は、

発生した感情をどう消化していくかも

大事にしたいことのひとつ。


皆がストレスをため過ぎると

世の中に怒りが横行してしまって、

良からぬことも

起こりやすくなってしまうから。

  
それにストレス状態が続くと

抵抗力、免疫力も落ちて

よけいに体調を崩しやすくなってしまうから。

  
鬱々としてしまうとき、

イライラするときは、

今感じている気持ち、

本音を吐き出すことも必要に思います。

  
そして、こんな時だからこそ、

家でホッとできる自分なりの何かを見つけていきたい。

 

  
家でできることとして私がおすすめしたいのは、

副交感神経を優位にし

自律神経のバランスに働きかけてくれる

アロマ、ハーブティー、ヨガ、呼吸法、

マインドフルネス、泣く(映画などを観て)などです。

  
もちろん、それ以外でも

自分が心地よく感じる時間が持てれば何でもOKです。

  
そして、

抗菌作用があると言われているマヌカハチミツを、

いつものハチミツや砂糖の代わりに使ってみるのも良いかも。

ちょっとお高いけれど、

お出かけが減る分を身体のケアにまわすのもありかなと思います。

 

  
自粛ムードや、普段と違う環境により、

小さな我慢が少しずつ溜まっていくと

誰でも怒りが湧きやすくなります。

  
学校がお休みで子どもが家にいることでも

ママ達は大変さが増します。

  
小さな我慢が降り積もり、

気づかぬうちに怒りが大きくなると

感情のコントロールがうまくできなくなって、

弱い立場の人に当たることが増えてしまいます。

  
そして人に当たってしまった自分に落ち込み、

罪悪感や自己嫌悪などの辛い気持ちが発生することで

更にいっぱいいっぱいになる。という、

負のスパイラルが発生します。

 

  
安心して本音を吐き出す場所をお探しのときは、

ぜひカウンセリングも候補に入れていただき、

遠慮なくお越しください。


こんなことでもいいのかな?というご心配は不要で、

どんな気持ちがあっても大丈夫です。

  
自分の心を楽にするために何ができるか?

ということに意識を向ける時間を持ってもらえたら、

心の余裕を無くさずに済むかもしれません。

  
  

●カウンセリングルームほほえみでの対応について

・玄関にアルコール消毒液がありますのでお使いください。
・カウンセリング時はお互い手の届く距離よりも離れてお座りいただけます。
・マスクの使用も遠慮なくどうぞ。
・換気とドアノブなどの消毒をこまめにおこないます。

・ご予約済みの方、継続されている方へ

風邪症状のある方は日時変更をお願いいたします。

また、継続されている方に限り

電話によるカウンセリングに変更することも可能ですので、

遠慮なくご連絡ください。

(電話に変更された場合のお支払いは次回の対面時で大丈夫です)

4月末日まで体調不良によるキャンセルの場合は、

当日のキャンセル料はいただきません。

 

5月以降は今後の状況を見て対応していきたいと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。