「自分を丁寧に大切に扱う」の定義

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口です。

 

 

カウンセリングルームほほえみでは、

「自分を丁寧に大切に扱う」ことを

ひとつのテーマにしています。

 

では、自分を大切に扱うって

例えばどういうこと?

 

皆それぞれに答えが違うかもしれませんので、

私が思うことについて。

 

例えば、

傷つきたくないから、

傷つくのが怖いから、

傷つく可能性があることは、

「しない」「言わない」など、

傷つかないように自分を守ること。

これは、自分を大切に扱うことになるかどうか?

 

私は、

大きく深い傷を抱えている時、

心のエネルギーが低下している時、

命の危険が伴うときは、

その守り方も大切だと考えています。

 

 

人との関わりの中で大きな傷つき体験をして、

辛い気持ちが大きいときは、

人との距離をとらないと苦しかったり、

境界線が壁のように厚くになっていて

心を開くことが難しかったり、

人から心に踏み込まれないように

警戒したりもします。

 

そんな時は傷を癒すことが先決であり、

今より傷を深くしないために、

自分が傷つかないよう

守るのもひとつの方法だと思うからです

 

ただ、その守り方が

「いつまでも」続いたり

「いつでも」そうするというのは、

少し違うかなと思っています。

 

なぜなら、

本当の気持ちが置き去りにされてしまうから。

「本当はやりたい。でも傷つくのが怖いからやらない。」という場合、

「本当はやりたい」という自分の本音が無視されてしまうので、

分を大切に扱っているとは言い切れない感じ。

 

 

なので、

深い傷が少しずつ癒えてきたら、

「本当はやりたい」を

きちんと自分が気付いて

表明してあげることが大切なのだと思います。

 

 

もしその結果が残念なことになったり、

傷つくことを言われた場合は、

その時にちゃんと「no!」とか「傷つくからやめて!」

伝えることで自分を守ってあげたい。

 

 

そして、ちゃんと傷ついて、

悲しんで、泣いて、落ち込む。

 

自然にわいた自分の気持ちを

素直に感じて大事にしていく。

 

自分の中にわいた感情は、

それが辛い感情でも

自分自身と共にあるもので大切な気持ち。

自分の中の一部。

無かったことにはできません。

 

 

感情を大切に扱うのも

自分を大切にすることだと思っています。

 

 

辛い感情を大事に感じていくことは、

なかなかの覚悟が必要ですが

 

 

カウンセリングの中では、

その時のその人に合った「自分を大切に扱う」方法の中から、

できることを選んでもらいながら、

少しずつ実践していきます。

 

 

なので、

人によってお伝えする内容は変わってきますし、

同じ人でも時期によって変わることもあります。

 

 

エネルギーが不足している時用

傷が深い時用

少しエネルギーが充電できてきた時用

心の手当てが進んできた時用

などなど…いろいろです。

 

 

自分を大事にするってけっこう勇気がいるし、

エネルギーもいるし

大変に思うときもあるけれど、

「自分で自分をどう扱うか」

自分の人生を創っていきます。

 

 

自分自身を丁寧に大切に扱うこと

考え方や捉え方の選択肢が増えること

自分の人生について、自分が自由に選択し、

それを行動に移し、

果を自分で引き受けられるようになること

 

 

これらが進むことで

自己受容と精神的成熟が深まり、

自己重要感が高まっていきます。

 

そして、

人との関わりにも変化が生まれ、

自然に発生する感情や感覚や

見える景色も変わってきます。

 

自分を大切に丁寧に扱ってみること、

試してみる価値ありだと思います。

 

 

人はよく、「体を大切にね。」と言いますが、

「心を大切にね。」とはあまり言いません。

 

でも、どちらかが大切にされていないと

バランスは崩れ、

どちらかに不調が出ます。

 

 

心と体は繋がっているので、

自分全部を大事にしていこう!

 

●体験カウンセリングのご予約は下記からお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

カウンセリングのご予約・空き状況のご確認はこちら

夜間電話カウンセリング専用予約フォームはこちら

 

●お問合せは下記のフォームからお願いします。

3日以内に返信致しますので、gmail.comからの受信設定をご確認ください。


人気ブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。