母さんがどんなに僕を嫌いでも

  

こんにちは、

心理療法カウンセラーの森口です。

   

ご覧いただきありがとうございます。

   

観たいと思っていた映画を見逃してしまい、

原作のコミックエッセイを読んでみました。

   

「母さんがどんなに僕を嫌いでも」

  

読んでどう感じるかは、

これまでどんな経験をし、

その経験をどう受け取ったかで

皆それぞれ違うのかもしれません。

  

私にとっては、

痛みと気づきでした。

  

  

原作者の歌川たいじさんと犬山紙子さんの対談記事です

↓↓↓  

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181231-00010001-netvivi-life&p=1

  

  

  

  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。