自律神経の乱れとそれに伴う症状について&乱れに繋がる外的要因と内的要因

  

こんにちは、

カウンセリングルームほほえみの森口です。

御覧いただきありがとうございます。

 

自律神経が乱れると、

心身に不調が現れることがあります。 

 

そもそも自律神経が乱れるとは?

交感神経と副交感神経のバランスが崩れるということですが、

交感神経は活動するときに優位になり、

副交感神経は休むとき、リラックス状態のときに優位になるもの。

このバランスが崩れると心身に不調が起きるという身体のしくみです。

 

 

自律神経が乱れてしまう原因の中には、

外的な要因と、内的な要因とあります。

 

外的要因の例としては、

今の梅雨時期もその一つです。

梅雨時期は、気圧変化や気温差、

日照不足など、バランスを崩しやすくなる要因が多いです。




内的な要因としては、

辛い頑張りを続けてしまっているとき、

ぐるぐると嫌なことを考えてしまう状態が続くとき、

恐怖や不安、緊張などを感じることが続くとき、

他者の顔色をうかがうことが日常的に続くとき

他者からどう思われてるかにとらわれている状態が続くとき

自分を責めてしまうことが多いとき

自分を否定したり、貶めてしまったりが多いときなど、

ストレス状態が長く続くと、バランスが崩れやすくなります。

 

ストレスを感じる環境(外的要因)にいることで、

内的要因に繋がっていくことも多々あると思います。

安心できない状態が長く続いたり、繰り返し起きたり。

 

実際に現れやすい症状の例としては、

疲れやすい、めまい、ふらつき、のぼせ、冷え、

頭痛、耳鳴り、動悸、関節の痛み、便秘、下痢、

生理不順、口や喉の不快感、頻尿、残尿感、発汗、

肩凝り、むくみ、冷え、だるさ、やる気が起きないなど。。

 

脳疲労も進み、エネルギー不足にも陥ります。

すると、

うつ症状が現れたり、

フラッシュバックやパニックを頻繁に感じたり、

ネガティブな思考に引っ張られやすくなったり、

イライラしやすくなったり、

視野が狭くなったり、判断力が鈍ったり、

ミスをしやすくなったり、理解力が低下したり、

本が今までのように読めなくなったり・・

症状はさまざま。

 

 

特に女性特有の悩み、

PMSや生理痛の辛さが強くなるという方も少なくありません。

どうしても自律神経のバランスが崩れると、

女性ホルモンのバランスも崩れやすくなるようです。

  

  

自律神経が乱れると、

心も身体も調子を崩しやすくなるので、

自律神経を整えるためにできることは、

普段から積極的に取り入れていけたらいいなと思います。

 

  

ストレスホルモンの過剰分泌を抑え、

安心ホルモンや愛情ホルモンの分泌を促し、

交感神経と副交感神経のバランスを整えていくことが、

身体と心のケアに繋がります。

  

日常生活の中に出来ることを組み込んで、

自分を大切にしていこう

自分に関心を持って見てあげよう。

優しくしてあげよう。

 

  


●自律神経を整えることに役立つあれこれ

・自分の感情と向き合い消化していく

・自分の心や身体の観察をする

・深い呼吸を意識する

・身体を動かす

・自分が喜ぶ時間を過ごす

・腸に優しい食事を心がける

・身体を温める

・泣ける物語を観たり読んだりする

・腕を優しくさすりながら自分を労う

・おみそ汁やバナナ、非加熱はちみつも。

・精油やハーブティーにも役立つものがあります。

・ヨガやダンス、ハイキング、散歩などもおすすめ。

・意識して取り組むワークやマインドフルネスなども。

 

副交感神経が優位になることを取り入れ、

脳疲労を軽減するためにできることを取り入れ、

バランスが乱れにくい自分づくりを。

乱れたら手当てを。

 

自分に出来ること、合う方法を見つけてみよう。

  

 

  

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

心と身体のケアを大切にし、

心身のバランスを整え、

自ら輝く力と、人も自分も大切にする力を。

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。

ご予約・空き状況について

https://coubic.com/hohoemi-room/650927/express

・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。 

 

人気ブログランキングに参加しています。

1クリックの応援、いつも感謝しておりますm(__)m

人気ブログランキング

 

カウンセリングルームほほえみ  http://hohoemi-room.org

体験カウンセリングのご予約方法 https://hohoemi-room.org/reservation

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。