ダメな自分が生まれる理由②

こんにちは、

心理療法カウンセラーの森口です。

ご覧いただきありがとうございます。

 

例えば、

子どものころ怒られることばかりだったという人、

ダメ出しをされることが多かった人、

自分のやることを否定されることが多かった人、

気持ちに寄り添ってもらえなかった人、

「なんで出来ないんだ!」と言われたり、

「だからダメなんだ!」と言われたり、

「わがまま言うな!」「困るねぇ」と言われたり、

学校のテストで90点とっても、取れなかった10点を責められたり、

100点だったら、「パパ(ママ)の子だから当然だ」と言われたり、

自分が認められるような経験が極端に少なかったり、

褒められることがなかったり、

気持ちを分かってくれることがなく、

悲しい思いを抱えて、

その気持ちを吐き出す場所もなく、

我慢して耐えていた・・・

 

そのような環境の中で長い時間を過ごした場合は、

自分はダメな人間だと思い込んでしまうことがあります。

 

小さい頃は特に、

親の言うことが絶対だし、大人の言うことが正しいと思って

疑いもしない場合が多いです。

素直に「ダメ出しされる自分が悪い、ダメなんだ。」と捉えてしまいます。

 

でも、

親の考え方が絶対に正しいという訳ではないかもしれません。

たくさんある中の考え方の一つでしかないのかも。

全面的に信じなくてもいいのかも。

じゃあ自分がダメだと思っていたのも絶対じゃないのかも。

 

または、

親は本気で良かれと思っている場合もあるのかも。

子どもを認めてない訳でも、愛してない訳でもなかったけれど、

もっともっと良くなって良い人生を送ってほしいという気持ちが、

ダメ出しという形になった可能性もあるのかも。

 

もしそうだったとしても

否定ばかりは傷つくし、切ない思いをします。

心の傷は確かに存在すると思います。

 

たくさん否定されたり、ダメ出しされたりした場合は、

自分で自分のことを否定したりダメ出しすることが

習慣付いていきます。

 

あの頃の傷ついた気持ちと、

自分を否定するその習慣が、

生きづらさに繋がります。

 

習慣を変えていくことも

傷を癒すことも

今から出来ることです。

 

 

 

 

●体験カウンセリングのご予約は下記からお願いします。

↓ ↓ ↓ ↓

ご予約・空き状況のご確認はこちら

 

●お問合せは下記のフォームからお気軽にどうぞ!

3日以内に返信致します。gmail.comからの受信設定をご確認ください。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

心理療法カウンセラー 森口瑞恵(もりぐちみずえ) アダルトチルドレン、生きづらさ等から脱出し、人も自分も大切にする方法を身に付けながら、自ら輝き、自分らしく生きる力を発揮するための心理支援をおこなっております。 現在、心身に症状のある方には、身体と心のつながりを大切に考えながら必要なケア方法をお伝えして参ります。